ひとことアート
フランス・ドイツ紀行 1

ひとことアート<br />フランス・ドイツ紀行 1

“Regardant la Sainte Vierge, je n’ai fait qu’un saut près d’Elle. La’, il s’est passe’ un moment le plus doux de ma vie.”
Sainte Catherine Laboure’ Apparition du 18-07-1830

書道講師の久保田です。
9月25日~10月4日までフランス、ドイツに行ってきました。

9月25日~29日まではパリ、29日には電車でドイツに移動し、
30日~10月3日までドイツのハウシュタットという村に滞在していました。

パリは2004年~2007年の3年間、家族で住んでいた場所で、とても懐かしかったです。
住んでいた頃に訪れていた場所、初めてのドイツについて、数回に分けて紹介していきます。どうぞお付き合いください。

リ到着の翌日はセーブル・バビロヌ駅近く、
奇跡のメダイ教会(Chapelle Notre-Dame de la Médaille Miraculeuse)に行ってきました。

1830年にこの教会の修道女カタリナ・ラブレが聖母マリアからお告げを受け、作った奇跡のメダイが有名な教会です。 奇跡のメダイとは、修道女カタリナ・ラブレが聖母マリアからのお告げを受けた際のイメージをデザインしたメダルのことです。 パリでコレラや狂犬病が流行した際に人々にこのメダイを配ったところ、収束したという言い伝えがあり、その他にこの教会で作られたメダイが多くの奇跡を起こしたことから有名になりました。

この教会は住んでいた頃に母とお散歩に寄っていた場所です。近くにはボンマルシェというデパート、日曜日にはビオ(自然農品)のマルシェがひらかれています。 教会で購入できる奇跡のメダイは、デザインがアクセサリーとしても、(チェーンやストラップが通せるヘッドがついています)とても綺麗なので私はペンダントにしています。色も青、ゴールド、シルバーなどがあり、大きさも色々あるので、パリのお土産としてもおすすめです。

にはメダイによって起こされた奇跡が書かれたタイルがはられています。

教会の内部は青を基調とした装飾が本当に綺麗です。祭壇上の絵は修道女が聖母マリアからお告げを受けた場面です。この絵を大きめのポストカードにしたものを買ってきて、事務においてあるので、見たい方は事務までどうぞ!とてもやわらく、可愛らしい絵です。

会の後には以前住んでいた所に行ってきました。
エッフェル塔近くの6番線デュプレイックスという駅です。

日曜日の朝には高架下に隣のモンテピケ駅までマルシェ(市場)が開かれます。 日本と違い、日曜日にはお店が閉まってしまうので、食品などはマルシェでお買物をします。マルシェも食品から洋服、日用品まで色々なお店が出店し、とても賑やかです。 奇跡のメダイ教会近くで開かれるマルシェは、自然食マルシェでとても人気があるそうです。パリはたくさんのマルシェは沢山あり、花市、のみの市、小鳥市(食用ではないですよ!)まであります。 シテ島(ノートルダムの駅)の小鳥市には、住んでいた頃に鳥好きな父とインコを買いに行った思い出があります。様々なインコや鳥が売られていて、不思議でとても楽しい市です。

では、また書きます。

久保田 ひとみ

奇跡のメダイ教会
Chapelle Notre-Dame de la Médaille Miraculeuse
140, rue du Bac 75007 Paris
メトロ10/12番 Sèvres-Babylone駅

小鳥市
Marché aux oiseaux de l’ile de la cité
Place Louis Lepine paris 75004
メトロ4番Cite駅