水墨画 Ink painting+

→English

水と墨の世界
古来より筆と墨を用い表現された。

仏教の競技を説明するため。 禅の境地を表すため。
日常から離れ心遊ばせるため。
そして、それらの画が、名品として世に残った。
その名品望み、水墨画の世界を探索する。

基本的描法を芥子園画伝(かいしえんがでん)を参考にする。
芥子園画伝(かいしえんがでん)は、清の時代1679年に刊行。
日本には1688年ごろ伝来する。
依頼、公に学びの画譜となり、一般に流布。

「絵」は色彩を伴う。 「画」は墨と水だけの世界。

太郎平書画研究院の水墨画書道教室では、山水画・花鳥風月・人物など幅広い画題を通し学びます。はじめは、筆を用い多くの線質を体感します又、筆に墨を含み平面に和紙面での濃淡や重なり方を研究します。その後、教本は課題に沿い水墨画の醍醐味を修得します。書と同様に、風景を見たまま描き出す画法、水墨画という技法は中国から伝来しました。

日本ではその技法で景色を写実的に描き出す事はされず、神仙たちが暮らす深山や桃源郷を描き、高潔で精神性を示す場所として大きな意義を見出したといえます。室町から江戸時代に描かれた山水画は実風景としてより「理想の世界」とし表現され、抽象的であり観念的な山水の景色が水墨画として描かれてきました。これは日本における仏画の表現にも同様に見られます。

水墨画を描く運筆や線質には基本書道で学ぶ筆の扱いが生かされます。漢字の力強さ、繊細な仮名の流れなど又、作品には文字を配す事もあります。特に書道教室の水墨画教室では書を同時に学ばれる事は大変有意義です。太郎平書画研究院の書道教室では水墨画教本を基にして修練を積みます。

禅書/禅画

呼吸を整え無心の境地に近づけば、想わず自然の理にかなえ「無為於佳乃佳」の極意に入ります。

禅書/禅画
墨アート

書道の範疇を逸脱し「墨」の魅力を際立たせて創作します。筆を執り、墨の世界を遊ばせます。

墨アート
水墨画

太郎平書画研究院の水墨画書道教室では、山水画・花鳥風月・人物など幅広い画題を通し学びます。

水墨画
実用書道

ご祝儀袋の名前や宛名書き、手紙など日常生活の書をきれいに書けるようになりたいという希望に応えます。

実用書道
篆刻

刻教室 太郎平書画研究院の篆刻書道教室では、石に彫り込まれた持ち運び可能な最少の芸術作品、篆刻を修得します。

篆刻
仏画

仏画教室では思想や宗派を超え、昇華された絵画として静謐な、奥深い精神世界へと創作体感します。

仏画
基本書道

「温故知新」古典の臨書を重ね、書道の多くを学び進みます。 書の時代背景、書風の成り立ち、使われた訳、時代時代の書風を紐解き、学びます。書道教室では、中国、日本の古典を中心に楷書、行書、草書、隷書、篆書の五体と仮名から学びます。

基本書道
書道師範課程

太郎平書画研究院の書道教室にて師範を目指す。 師範課程は基本的に通常の基本書道教室と同様に授業は進行します。 師範課程にてお始めになる事の、大きな違いは数多くの書籍が渡され、 学び進める内容が幅広く深く修得できます。

書道師範課程

Ink painting

Sumie: In Tarohei Sho-ga-in ink painting class, you are able to challenge various subjects, such as Shan shui, bird and flower painting, landscape, portrait etc.. First, you learn how to use brushes and to draw many different styles of lines, and to create gradation technique on Japanese special paper. After learning these techniques, you will enjoy many possibilities of the world of ink painting by using textbook.

Like Sho-do, ink painting also came from China. In Japan the painting developed in own way. It is landscape painting not realistically but imaginarily also spiritually. The painting shows both the world of Gods and the peach blossom spring like utopia. We can see this subject in Japanese painting, Nihon-ga.

Some techniques of ink painting require you to have the basic technique of Sho-do. Sometimes letters; Chinese characters and Kana are written in the space of the painting. So we recommend you to learn both Sho-do and ink painting at the same time. In the ink painting course, you learn and practice by using ink painting textbook.

Basic course

In the basic course, you learn Chinese and Japanese classical characters, such as Kai-sho, Gyo-sho, Sou-sho, Rei-sho, Ten-sho, and Japanese classical style “Hiragana”.

Basic course
Sumi-art, Creative

Today various styles are available in Sho-do world. Such as art Sho-do, ink Art, performing Sho-do. Even though they look like contemporary style, they are always to relate to classical style.

Sumi-art, Creative
"Sumi-e" Ink painting

In Tarohei Sho-ga-in ink painting class, you are able to challenge various subjects, such as Shan shui, bird and flower painting, landscape, portrait etc..

Sumi-e, Ink painting
Seal-engraving

In Tarohei Sho-ga-in seal course, you will learn the most “mobile” art work, stone seal. It’s available to take this course with your Sho-do or ink painting courses. In this course, you learn and practice by using seal art textbook.

Seal-engraving
Sho-do Instructor

Instructor course: This course is for people who want to be a Sho-do instructor. The program is mostly the same with the basic course, however you are handed more textbooks and required to study deeply about the history of Sho-do.

instructor course
Buddhism painting

In the Buddhism painting class, you can learn spirituality of Buddhism, appreciation of Buddhism, and basic concept of Buddhism. Then you create freely with your personal style and expression.

buddhism painting